ヴァンティームメール:ヴァンティーム・マトノ

vol.56 南チロル・ミシュランひとつ星レストラン

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヴァンティーム・マトノ  インフォメーション
http://www.vintime.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

皆様へ
9月に入り、スペイン・カタルーニャのワイナリーではぶどうの収穫が始まりました。
先週末は播州赤穂の地元上郡のぶどう農家の4種類のぶどう(白ぶどう:サンシャインマスカット・翠峰、赤ぶどう:紅バラード・ピオーネ)の朝摘みぶどうを味わいました。
ぶどうの美味しい食べ方は食べる20分前に氷水で冷やすとぶどうの糖度が最もよい状態になると教えていただき、さっそくいただきました。ぶどうが冷えすぎず、皮と実の間の果汁が口の中に広がり、糖度を十分に感じることが出来ました。皆様も是非お試しくださいね。
秋になるのが待ちどうしい今日この頃です。皆様いかがおすごしでしょうか?

☆ 真殿 和賀子のヨーロッパライフ
現地ヨーロッパでのワイン・食・文化・などの話題をご紹介しております。

【南チロル・ミシュランひとつ星レストラン】

南チロルの町 トレントへ行きました。
トレントはイタリア・アルト・アディジェの州都で、四方八方アルプスの山々に囲まれ自然豊かな、石造りの建物が印象的なモダンな町です。
長い間オーストリアによる支配が続いた歴史があり、建物や教会・美術品などに垣間見ることが出来ます。別名南チロルと呼ばれています。
フランスの世界的なタイヤ会社ミシュランが評価する星つきレストランであるひとつ星1545年創業の「Osteria La due Spade」でランチをしました。
レストランの入り口はどっしりした木の扉で、少々緊張しながらお店に入ると スーツを着た紳士がにこやかに席へ案内してくれました。
店内は、白いアーチ型になった天井とシャンデリアで照らされた木製のダイニングテーブルが調和し、落ち着いた空間になっています。
席につくと、眼鏡が似合うソムリエさんが「ようこそ」と地元産のスプマンテ(イタリアのスパークリングワイン)をグラスに注いでくれました。ランチメニューを注文し、分厚いワインリストを見ると、地元産のワインを中心にイタリア国内のワイン・世界のワインが食前酒・食後酒まで豊富に揃っています。
ワイン辞典のように充実したリストは圧巻で、ワインをいただくのがとても楽しみになりました。ソムリエさんに「南チロルの地ぶどうで作った2009年産の白・赤ワイン、ありますか?」と尋ねると、ワインセラーから2本のワインを取り出し、グラスに注いでくれました。
と同時に最初の一皿・前菜が運ばれてきました。
お皿の上は色とりどりのお花・ハーブが10種類ほどちりばめられ、南チロルの山のイメージそのもの。まるで花畑にいるような気分で、全て地元産の食べられるハーブ・お花を摘んでお料理に使うというなんとも斬新な一皿にわくわくしてきました。
メインディッシュは鹿肉の蒸篭蒸しです。蒸篭の中にひいた藁の香りと鹿の煮込みが調和し、つけあわせのポレンタ(粗挽きのともろこしの粉を水や出汁を混ぜゆでたもの)が箸休めのような素朴な味わいで、軽やかな地元の赤ワインとよく合います。
デザートはハーブを使ったジェラートとアップル ストゥルーデルです。
コース料理全てに地元の食材を使い、伝統的な南チロルスタイルで提供してくれるレストラン。一皿一皿が驚きの連続です。
お料理もさることながら、そつのない・自然体のサービスが心地よく、夢心地で帰路に着きました。


☆ 9月・10月の営業日 TOPページに掲載中です。♪
http://www.vintime.jp/index.html

☆ NEWイタリア 手摘みピュア・オリーブオイルはこちらから♪
http://www.vintime.jp/list/index.html

☆ 2010ボージョレ・ヌーヴォー、世界のヌーヴォーのご予約を開始しました。
今年は11月18日(木)解禁です!
フランス・ボージョレ・ヌーヴォー、イタリア・ノヴェッロ、オーストリア・ホイリゲ、カリフォルニア・ヌーヴォーはこちらから
http://www.vintime.jp/list/index.html

☆ 「ワインのベイビー モスト」®―ワインになる前のぶどう果汁100%(赤ぶどう・白ぶどう)
 アルコール0%・大人から子供まで幅広い年齢の皆様でお楽しみいただけます。
http://www.vintime.jp/list/index.html

☆ 季節限定 オーストリア100%りんごジュースはこちらから
http://www.vintime.jp/list/index.html

☆ ヴァンティーム・マトノ取り扱い商品のご案内です。
新米の季節になりました。お米のワイン「日本酒」はいかがでしょうか。

播州の地酒「奥播磨」は瀬戸内海の豊かな穀倉地帯が広がる兵庫県播州平野の北西、播州・安富町にあります。良質の酒米「山田錦」が贅沢に手に入る環境と酒造りに最適の気候とされる土地で明治17年創業以来この自然の恩恵を最大限に生かしきる、手造りの酒を作りだしています。

  • 純米吟醸 しもむら 6年熟成のワインボトル入りのお酒
  • 純米吟醸スタンダード 山田錦が持つ甘みとふくらみの特徴がうまく表現されたお酒
  • 純米ダブルエックス 生 兵庫夢錦を原料に酸度が高く存在感のある酒
  • 袋搾り仕込第二十九蹴 山田錦を55%間で磨き、慎重にじっくりと低温で30日かけ醸し、丁寧に袋搾りをした生熟成酒
全て720mlサイズの取り扱いです。
価格・お問い合わせ・ご注文はお問い合わせフォームからどうぞ



☆ ヴァンティームメールバックナンバーはこちらから♪
http://www.vintime.jp/mail/backnumber.html

☆ お問い合わせはお問い合わせフォームからお待ちしております♪

ヴァンティーム・マトノ
真殿和賀子