ヴァンティームメール:ヴァンティーム・マトノ

vol.44 中世の町 トルトサへ

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヴァンティーム・マトノ  インフォメーション
http://www.vintime.jp
2010年 お蔭様で6周年を迎えます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

皆様へ
いつもお世話になりありがとうございます。

2月暦の上では立春ですね。
まだまだ寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

☆ 真殿 和賀子のヨーロッパライフ
現地ヨーロッパでのワイン・食・文化・などの話題をご紹介しております。

【中世の町 トルトサへ】

カタルーニャ地方タラゴナ県にあるトルトサへ行きました。
トルトサはバルセロナとバレンシアのほぼ中間点にあり、2000年以上の歴史のあるスペイン最古も町のひとつでエブロ川河口のデルタ地帯に位置する都市です。周囲は肥沃な土地に恵まれ、オレンジ、オリーブと稲作の水田地帯が広がっています。
土地に恵まれ、オレンジ、オリーブと稲作の水田地帯が広がっています。
今回はスペインの食と切っても切れない町のメルカド(常設市場)のご紹介とパラドール(古城ホテル)へご案内します。
レンガ造りのシックな建物のメルカドの中に入ると、白を貴重にした内装に自然光が差し込んで明るく清潔な雰囲気です。メルカドは市民の台所として地元の野菜や魚・イベリコ豚・オリーブ・ワイン・花・パン・ケーキ屋さんが並び、ここではバーやタパスコーナーが6箇所あり、買い物の間に休憩したり軽くランチを取ることもできます。
昔日本にあった懐かしい佇まいです。
休憩にタパス料理が充実しているお店でランチをすることにしました。
黒とグレーのコック服が良く似合う、恰幅のよいお兄さんが楽しそうに料理しているお店がありました。モンゴウイカのトマト煮込み・蛸とジャガ芋のガリシア風柔らか煮・アーティチョークとヤリイカの揚げものを注文すると、タパ用のお皿に盛り付け温めて提供してくれます。
お店に来るお客さんとお店の人たちの和やかな雰囲気の中、柔らかい蛸にリオハの赤ワインをあわせてからいただくランチはとても楽しい時間になりました。
ランチの後、鰻のくんせいを売っているお店を見つけました。スペインでも鰻を食べるとは聞いていましたが、見たのは初めて。
背開きしくんせいされたうなぎがまるごと1匹がパウチされています。
お店のおばちゃんが「この鰻のくんせいにトマトとオリーブオイルがとっても美味しいのよ」とにっこりしながら、地元ならではの食べ方を教えてくれました、お家でスペインの鰻を料理するのが楽しみになりました。
続いて、エブロ河の川岸沿いを歩き、旧市街を通り抜けると、高台にパラドールが見えてきました。

次回に続く


☆2月・3月のイベントUPしました。
http://www.vintime.jp/info/index.html
・2月4日〜14日 バレンタインフェア(ゼクト&スペイン・ベルギーチョコレート販売)
・6・7日 かきに合うわいん&坂越牡蠣が店内でお楽しみいただけます。「有料」
・20日〜3月2日  VM6周年フェア開催

☆「ワインのベイビー モスト」®―ワインになる前のぶどう果汁100%(赤ぶどう・白ぶどう)
 アルコール0%・大人から子供まで幅広い年齢の皆様でお楽しみいただけます。各種ギフトに最適ですよ♪ 2009年入荷!
http://www.vintime.jp/list/index.html

☆ヴァンティームメールバックナンバーはこちらから♪
http://www.vintime.jp/mail/backnumber.html

☆お問い合わせはお問い合わせフォームからお待ちしております♪

ヴァンティーム・マトノ
真殿和賀子