ヴァンティームメール:ヴァンティーム・マトノ

vol.194 オーストリアワイン大試飲会2018東京

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヴァンティーム・マトノ  インフォメーション
http://www.vintime.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

皆様へ
秋の気配が色濃くなってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?


オーストリアワイン大試飲会2018東京

オーストリア大使館商務部、オーストリアワインマーケティング協会、アドヴァイン・オーストリア主催にて60生産者以上100アイテム以上のオーストリアワインが一堂に集まる日本でも最大級のオーストリアワインの試飲会に参加させていただきました。
会場に一歩入ると、オーストリアの民族衣装を着たスタッフがお出迎えしてくださり、オーストリアの空気感が広がってきます。
まずは11月11日解禁が待ち遠しいオーストリアの新酒「ホイリゲ」の生産者ワイングート ツァーヘルのブースへ。ツァーヘルは2018年からBIO「ユーロリーフ」の取得に加え、デメター(ドイツのオーガニックの認定団体)に認定され、化学肥料・農薬を一切使用せず、大地の生命力をよりよく引き出す農法のワイン造りをしています。

ウィナーホイリゲ ツヴァイゲルト2016(赤)を試飲しました。
2年間熟成されたホイリゲは、明るいルビー色で、ベリーの香りが華やか、口に含むといちごやプラムのようなフレッシュなフルーツの味わいで、透明感のあり余韻が長い赤ワイン。まだまだ熟成してみたいワインで目からうろこ。ホイリゲの熟成した飲み方を教えていただきました。
解禁日には数本購入し、セラーで熟成し、1年後、2年後と熟成したホイリゲを楽しむというのも、ぜひおすすめしたいですね。
現地オーストリアのホイリゲ(ワインの居酒屋)ではホイリゲ(新酒)がでると、すぐに消費され、ヴィンテージものはほぼないので、とても貴重なワインです。

次にワイングート ヴェーニンガー ブラウフレンキッシュホッホエッカー2014の試飲
さくらんぼのようなフルーティーな香りが立ちのぼり、真紅の薔薇のような色はエレガントな赤ワインです。さすがJuwel(宝石)の称号を持つワインの醸造家のワイン。
正に職人のワインです。お店のセラーには、ヴェーニンガーさんのヴィンテージワインが熟成されています。
ヴェーニンガーさんのワイングートを訪問させていただいたことを思い出しながら飲んでいました。
そして白ワイン「リースリング」をテーマーに巡り、印象に残ったのは、カンプタールの醸造家 フレッド・ロイマーさんのリースリング100%レンツ2017はミネラル豊富で余韻も長いワイン。
ヴァッハウ渓谷のワイングート ニコライホーフは1971年からビオディナミ農法で造り続ける歴史ある作り手です。
リースリング2014特別キュベもミネラルたっぷりで白身のお鮨といただきたいワイン。
ファオンシュタインの畑の2012年は熟成感あり、リースリングにグュルーナーフェルトリーナー・ピノブラン・ノイブルガーの4種のぶどうをブレンドのエリザベート2014は爽やかな味わいのワインで、秋の松茸の天ぷら・焼き物と頭の中に浮かんできます。
オーストリアワインの試飲会に参加させていただき、次々と頭の中に景色やワインやホイリゲや、友人が浮かんできます。
そんな魅力的なオーストリアワインのイベントに参加させていただき、すっかりオ−ストリアを旅した気分になりました♪



☆ オーストリア・「宝石ワイン」を獲得した「ワイングート・ヴェーニンガー」2004年・2007年ヴィンテージワインはこちらから♪

☆ 11月11日解禁!オーストリアの新酒 ホイリゲの赤と白はこちらから♪



ヴァンティーム・マトノ
真殿和賀子