ヴァンティームメール:ヴァンティーム・マトノ

vol.159 【りんごの季節・青森弘前】

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヴァンティーム・マトノ  インフォメーション
http://www.vintime.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

皆様へ
11月に入り、ボージョレ・ヌーヴォーが空港に到着!と秋の本格的なワインシーズンの柿落としとなりました。
今年の葡萄で造られたボージョレ・イタリアのノベッロ・ウィーンのホイリゲ・おたるの初しぼりを今年のぶどうの実りに感謝しながらいただくヌーヴォーは格別ですね。
今年はりんごのヌーヴォーも登場します。
皆様も、ヌーヴォーをぜひお楽しみくださいね。

【りんごの季節・青森弘前】
りんごの生産日本一の青森・弘前へいきました。
弘前駅に降りると、ホームには津軽三味線のに音色とともに、りんごアート・りんごの樹・りんごの種類がマスキングテープが張られ、まさにりんご王国・津軽のおもてなしでお出迎えしてくれました。
弘前は津軽藩の城下町として栄えた町で、市内弘前公園には津軽家の居城であった弘前城がそびえ、桜の名所としても有名です。明治時代には、西洋文化を取り入れ、街には洋風建築が点在旧弘前市立図書館など荘厳な建物も魅力にひとつになっています。
フランス料理のお店も多く、江戸時代蝦夷地にでむいていた藩士が予防薬として飲んでいたとされる珈琲が伝えられ、カフェ文化のあるハイカラな街なのです。
カフェではアップルパイとともに珈琲をいただけます。
街には、昔ながらの市場があり、弘前食料品市場 (虹のマート)は、市民の台所として、弘前名物のいがめんち(いか・げぞと野菜がふんだんにはいったメンチあげ)・青森産の焼き魚や煮つけなど手作りお惣菜が充実しています。
市場には必ずある麺処カウンターでは津軽そばやうどんがあり、弘前の地元の人々の台所としてにぎわっておりました。

弘前の人々が父・母のように慕う岩木山の麓へ向う車窓からはりんごの畑がどこまでも続き、ちょうどふじりんごの収穫の時期で、りんご箱には、あふれそうなくらいのりんごが積まれています。
たわわに実るりんごの樹からりんごの香りが風に乗ってアップルロードに広がります。
街道沿いには、りんごの棚があり、採れたてりんごを販売していました。
10月中旬から11月2週位までがふじりんごの収穫時期だそうで、雪が降る前の大仕事だそうです。
アップルロード沿いには、りんごの低温倉庫もあり、一年間保管され、全国に出荷されるそうですよ。
岩木山の麓にあるあそべの森では、津軽のお食事とシードルをいただきました。
津軽りんごのグラタンはりんご1こまるごとを使い、器として使っていて、りんごの中に、チーズ、りんご、地元産のきのこがたっぷり、そのままオーブンで焼き熱々のりんごと食べるという遊び心溢れる1プレートです。
弘前早生「ときりんご」100%のシードル(季節限定品)と味わうことに。
焼きりんごの香りとチーズの香りをやや甘口のリンゴの微発酒が溶け込み、さわやかなりんごの余韻が広がります。
地元のきのこ、山菜など使った津軽漬けとともに、「ニッカシードルドライ」を合わせてみました。
津軽漬けの塩味に爽やかなりんごの香りがプラスされ、洋風な味わいに変化し、シードルが津軽漬けに寄り添うような1プレートに大変身!
デザートにはりんごの寒天やりんごのシャーベットも楽しめ、りんごのお料理とともに、シードルの楽しみ方を教えていただきました。
食前からデザートまで楽しめるシードルはりんごの季節にぜひどうぞ!
今年は発売60周年を記念したつがるりんご100%ニッカシードルヌーヴォースパークリング2016赤×GOLDバック入りを当店にて販売します。
ヌーヴォーの乾杯に、還暦の方へのお土産に、クリスマスプレゼントに最適です。



☆ りんごの季節 ニッカシードルヌーヴォスパークリング2016【11/1解禁!冬期限定】はこちらから

☆ 11/17(木)解禁!ボージョレ・ヌーヴォー・世界ののヌーヴォーはこちらから

☆ ボージョレ・ヌーヴォー&世界のヌーヴォー、樽イベントはこちらから

☆ 人気の北海道ワインからおたる初しぼり2016はこちらから。

☆ 冬期限定・ドイツのクリスマスマーケット定番 ホットワイン3種類が入荷♪

お問い合わせはこちらから。



ヴァンティーム・マトノ
真殿和賀子