イベント・セミナーレビュー:ヴァンティーム・マトノ

〜 バックナンバー 〜

イベントプロデュース事例vol.21

赤穂かきまつり イートイン

  • ●日時:2012年2月5日(日)
  • ●場所:VINTIME-MATONO

2月5日赤穂かきまつりにあわせ、VM店内にて、かきとともにかきに合うワインをはじめ、VM厳選のお酒を、店内にて食す企画を開催しました。

赤穂かきまつりを毎年楽しみにされている京阪神のお客様から、かきまつりの会場の雰囲気を味わったあとは、ゆっくりとかきとおいしいお酒を楽しみたいとの声があり企画しました。
かきはというと、連日の寒さもあり、かきは大粒で、貝柱も甘くなり、クリーミー、旨みがぐっと増し、今シーズン最高の味わいになっています。VMおすすめのかきに合うワイン・「ワインのベイビー モスト」®もさることながら、この日は友人が製造した「どぶろく」とかきにあわせるというサプライズをご用意。

お客様の前に、殻付きかきのお皿とどぶろくをおだしすると、「こんな大きいのははじめて。美味しそう・・」と目がきらきらと輝いています。さっそく味わっていただくと、「美味しい。甘〜い。」とにこにこ顔に変身。どぶろくの感想はというと、「辛口ながら甘酒のような飲み口で、かきとの相性は抜群」と満面の笑み。
地元の旬の食材をより美味しくひきたてるワイン・お酒のご紹介をできることがVMの喜び。と再発見した日になりました。

イベントプロデュース事例vol.20

2011 バレンタイン・フェア

  • ●日時:2011年2月4日(金)〜14(月)
  • ●場所:VINTIME-MATONO 1階

VMでは2月4日〜14日“バレンタインディ・フェア”として、カバとともに、カバの故郷サン・サドゥルニ・ダ・ノヤ村で1840年から創業のシモンコールのチョコレートをはじめとした、ベルギービール&ベルギーチョコレートを販売しました。


シモンコールは毎年10月に行われるCAVA TAST(カバ生産者の祭り)にも毎年出展され、カバの造り手や地元レストランはじめ、スペイン国内でも愛される老舗チョコレート。スペインではダークチョコレートが主流ですが、シモンコールはミルクがたっぷり入ったミルクチョコレートをはじめ、アーモンドにチョコレートをまぶしたもの、カタニエス・カバが入った王冠型のチョコレートなど。カバの故郷のショコラティエ「シモンコール」やスペインチョコレートなどお客様にカタルーニャのバレンタインデーの習慣や食べ方などをご紹介させていただき、大変喜んでいただきました。

またベルギービールはカルロス5世が大層お気に召したと言われる「グーデン・カルロス・クラッシック」とベルギーのチョコレートや、王室ご用達のノイハウスなどいろいろな種類のベルギーチョコレートを販売しました。
ベルギー・ゲンクのM奥様から教わった、美味しいベルギーチョコレートのいただき方・保存方法など現地情報などをお客様にお伝えすると、皆様笑顔で、チョコレートを宝石のように抱えていらっしゃるのが印象的でした。

ご主人や、ご自分へのご褒美に、女性同士チョコレートを交換するという方など、沢山の方がご来店くださいました。
ありがとうございました。

イベントプロデュース事例vol.19

VM5周年 パーティーイベントレヴュー

  • ●日時:2009年2月8日(日) 12:30〜16:00
  • ●場所:VINTIME-MATONO 1階

ヴァンティーム・マトノはおかげさまで5周年を迎えることができました。
5周年の感謝を皆様とともにヨーロッパ現地で見つけたワインとともに、さくらぐみでの昼食会と酒王国のヒデさんのアイルランド訪問記・私真殿のレポートをお楽しみいただきました。
さくらぐみの西川オーナーシェフのメニューとヴァンティーム・マトノが現地でみつけたとっておきのスペインワインをご用意し、昼食会は開催しました。
2月に入り一段と美味しくなった播州赤穂 坂越名産 大河さんの殻つき牡蠣の前菜とともにボデガ訪問したジョアン・サルダの白ワイン「ラテラ・ブランコ」を味わっていただき、優しい酸味の白ワインは牡蠣の旨みを引き出し、皆さん大喜び。

さくらぐみの名物でもあるピッツァを4種類ご用意していただいき、中でも太刀魚を使ったピッツァは程よいにんにく風味とチーズとのハーモニーがすばらしくリオハの赤ワイン「マルケス・デ・カセレス」とぴったりな味わいにまるで、現地のレストランにいるような雰囲気というお客様もいましたよ(写真はマルガリータ)。昼食会終了後は西川オーナーシェフに拍手喝采で、お料理・サービスのホスピタリティに皆様大満足の様子でした。

おまちかね酒王国のヒデさんのアイルランド訪問記はヒデさんが撮った貴重な写真映像をご披露していただきました。
パブの店内の様子や英語学校で日本酒の試飲会や絵画展を開催されたお話など、とても充実したお話に来場のお客様から是非いってみたいなぁという声が聞こえてきました。
貴重なお話やお写真をありがとうございました。

続いては私が先日訪問したバレンシアとオーストリアのグンポルツキルヒェン村ホイリゲのお話です。
バレンシアの元祖パェーリャ・中央市場の映像をご覧いただきながら、スペインのお昼の定番であるサンドウィッチ(ボカディジョ)―羊のチーズとハモンイベリコの2種類を実際に作り、スペインの食材とワインの楽しみ方をご紹介しました。季節の折に訪問しているグンポルツキルフェン村のホイリゲの人々やお料理、雪景色のワイン畑を歩いた感想やワイン醸造家の話等を皆様にご覧いただきました。
また5周年の感謝の気持ちを込めて、現地より調達したリースリングワインで乾杯しました。
今後もヨーロッパのワインライフを通し、実際歩いて経験した生きたワインや食の情報を皆様にお届けできるよう努めていきたいと思います。
遠方は広島からご来場ありがとうございました。
また来年皆様の笑顔にお会いしたいと思います。