イベント・セミナーレビュー:ヴァンティーム・マトノ

〜 バックナンバー 〜

イベントプロデュース事例vol.18

VMスペインフェア

  • ●日時:2007年9月21日(金)・22日(土)・23日(日)
  • ●場所:VINTIME-MATONO

9月の連休の週末に店主が現地で見つけたスペインワイン・オリーブオイル・グッズなどの販売とスペインの現地情報を皆様にご紹介するフェアを開催しました。
日本ではなかなか味わうことができないJamon Iberico de Bellota(ハモンイベリコ ベジョッタ)をご予約にて店内にてスペインワイン・カヴァとのマリアージュをお楽しみいただきました。ハモンイベリコベ ジョッタはイベリア半島に生息する豚を燻製したハムのことを指し、ベジョッタはなかでもどんぐりを主食にする最高級クラスの豚です。フェアでは量り売りも行いスペインの食材を体験していただきました。

またスペインのお皿料理「タパス」をご紹介致しました。
「Toratilla de Patata,(トルティーヤ・デ・パタタ)」=スペインでは卵屋さんがあり、それぞれの家庭の味があるスペイン風のポテトオムレツです。
「Croquetas, (クロケッタ)」=コロッケの意で、鶏肉やイベリコハム・野菜を入れたポテトコロッケが主流です。
この日はイベリコ味をお楽しみいただき、お客様にレシピをご案内しました。

「queso(ケソ)」=スペインではチーズの意で山羊のチーズが主流です。フランスパンにイベリコハム&チーズをはさんだサンドウィッチをよく食べます。
スペインはパエリアが主流とのイメージがあるようですが、フランスパンをよく食べ、マカロニパエリア「フィデウア」やお米はサラダなどで食べたりと観光地の料理とは異なります。このような情報には目からウロコと喜んでいただきました。
また、スペインの夏祭り「フェスタマジョール」の模様やスペインの市場(メルカド)や朝市の風景なども映像にてご覧いただきました。フェスタマジョールについてはコラム連載中の『月間タウンはりま』10月号ー「真殿 和賀子のワインライフ」 にて掲載します。
VMでは今後もワインの本場ヨーロッパでの経験を皆様にご紹介し、ワイン&食・文化をお楽しみいただくフェアを開催していきます。

イベントプロデュース事例vol.17

VM3周年PARTY

  • ●日時:2007年3月18日(日)
  • ●場所:VINTIME-MATONO

2007年3月、ヴァンティーム・マトノはおかげさまで3周年を迎えました。
日頃の感謝を込め、今年もお客様とともにパーティーを開催しました。


会場には播州赤穂の桃や房総半島の水仙を飾り、春一色に彩りました。
播州赤穂の海の幸・新鮮野菜や欧州の豊富な食材とともに、世界の白ワインや、この日のために用意したフランス2005年赤ワインの10Lの樽・ベルギービール・日本酒とともに、マリアージュを楽しんでいただきました。

主なメニューは、
《播州赤穂》 坂越牡蠣・穴子・アサリ・割烹武蔵「鯖ずし」・菜の花・新鮮野菜のおひたし・赤穂塩のにぎり
《欧州》 アルデンヌハム(ベルギー)・イベリコハム(スペイン)・ハモンセラーノ・修道院オルヴァルチーズ など
はじめての食材との出会いにお客様も満足し、楽しいパーティーになりました。

イベントプロデュース事例vol.16

赤穂市高齢者大学講義

  • ●日時:2007年2月23日(金)
  • ●場所:赤穂市有年公民館

高齢者大学の学生会では、生涯学習の一環としてボランティア活動やレクリエーション等の自主活動や各種クラブ活動を行っています。
講義のテーマを「楽しいワインライフ〜ヨーロッパの生活にふれて〜」と題し、ワインを通して体験した赤穂・ヨーロッパの食文化や、ヨーロッパマダム達のいきいきとしたライフスタイルを様々な写真を交えご紹介しました。

講義はプロフィールから始まり、播州赤穂に生まれてから現在まで、お店を始めたきっかけ、私自身のワインライフの体験を通して感じたワインの魅力についてなどを話しました。また、ベルギー・フランダース地方、ワロン地方、ウィーンなどの街・食・マーケットといった日常の風景を切りとった写真をプロジェクターで上映し見ていただくことで、つかの間の旅行気分を味わっていただきました。
赤穂の有年地区は清流千種川が流れる自然豊かな場所にあり、山に囲まれた赤穂市内の中でも眺めが良くフランス語圏のワロン地方とよく似ています。美味しい空気・水・野菜・魚とすべて揃っており、この日はまた春のような陽気で満開の梅が印象的でした。

講義の最後には大学代表の方より、普段聞けないベルギーの話や美味しそうな食がとても気になり、ワインが飲みたくなる内容でした。と締めくくられました。
私もいきいきとした人生の先輩である皆様の前でお話をさせていただき、とても楽しい時間でした。